[本日の写真]

2010.11.24

“まだ走りたかった”

「暖軽」

 2004年の秋に“暖軽シリーズ”がスタートしました。暖軽と書いて“あったかる”と読ませる。そんなネーミングに周りからは読み方の非常識や幼稚さを指摘されました。ところが、こちらは至極まじめに考えていたのです。
 衣服の暖かさと軽さは密接な関係を持っています。人が衣服で暖かく感じるのは、暖かい空気に包まれているということです。人の体温で暖められた空気を溜めておく装置が防寒衣といえます。空気を溜めておくためには、空気を動かさないスペースを作る方法と、空気に絡みつくような物質を使う方法の2種類です。前者の代表がダウン、後者がカシミアでしょう。そしてこの2者ともに軽さの代表でもあるのです。
 衣服の基本として軽いものは暖かいのです。それでも、更なる暖かさを追求していくと、ダウンならよりかさ高な分厚いものになり、繊維層なら何層にもした重いものになっていきます。スポーツウエアなど機能性として必要なものなら、これを追求していくことは大事なことだと思います。ところがこのように極端な必要性のために開発されたウエアをファッションとして取り上げられることが非常に多いのです。これでは機能性が快適性につながりません
 ビアスポでは、あえて暖かさを必要最低限に設定してみました。今までの常識では「これを防寒衣というの」と言われるほどの薄さです。ところが出来てみるとこれが、街の生活で使用することを前提として、よほどの寒冷地で使用するのでなければ、ちょうど良い防寒性でした。さらに非常に軽く、収納のコンパクトさも抜きん出たものになり、旅行などにも便利な新たな機能性も加えることになりました。
 今では、“暖軽”という呼び名にもなじんでいただけて、商品のバリエーションも増えて、この“暖軽”の暖かさと軽さのバランスが、防寒衣のある種のスタンダードになりつつあるんではと思っています。


[ARCHIVE]

「節電」「なでしこジャパン」「写真」「上布」
(2011-08-02) (2011-07-19) (2011-06-17) (2011-05-23)
「初めての渓」「新作カタログ」「震災」「確定申告」
(2011-04-28) (2011-04-06) (2011-03-18) (2011-03-02)
「悪心」「左利き」「旅番組」「ひまつぶし」
(2011-02-16) (2011-01-26) (2011-01-12) (2010-12-15)
「暖軽」「ケパネックセーター」「旅」「フレンチブルーのワークコート」
(2010-11-24) (2010-11-05) (2010-10-21) (2010-10-06)
「黒い牛乳」「工作」『「里」という思想』「ひらひら、ふわふわ」
(2010-09-14) (2010-08-25) (2010-08-10) (2010-07-28)
<<前のページへ12345678次のページへ>>
351件中: 41から 60件

● この「デザイナーズルーム」へのご意見、ご質問のある方は下記のアドレスへE-mailをお送りください。
デザイナー 武捨光晶/musha@mvj.biglobe.ne.jp

株式会社ビアスポ beaspo@mua.biglobe.ne.jp
Copyright(C)2012 beaspo Corp. All rights reserved