[本日の写真]

2012.3.6

“抽象と形態”

「深読み!日本写真の超名作100」

 フランスで世界最初の実用的な写真技法であるダゲレオタイプの写真が撮られ始めたのが1839年。それから20年近く経った1857年に薩摩藩で、藩主島津斉彬を家臣が撮った肖像写真が日本の写真の歴史の出発点だそうだ。そこから150年、プロもアマチュアも含めて天文学的な数の写真が存在する。その中で作品といわれる写真に限定したところで、ものすごい数だ。その膨大な写真の中から100人の写真家を選び、一人一点ずつの作品を載せ、作家と作品に解説をつけた本が『深読み!日本写真の超名作100』として出版された。作者は写真評論家の飯沢耕太郎。
 100人は、20年から30年の単位でくくられている。それぞれの写真家の個性は当然のこととして、文化の中で写真をどのように位置付けるか、特に美術の潮流との関係が色濃い時代もある。さらに、戦争や経済状況など時代背景も投影されることになり、写真と写真家の立体感が理解しやすい構成となった。
 
 それにしても、読みそして見終ってみて、圧倒的な迫力で充実感に満たされた。一人一点というのが物足りなさにつながって良い筈なのに、逆に、一人の作家の写真集では得られない、日本人の変化や独自性までも見えた気がしている。
 もともと好きで多くの写真を知っている写真家だけではなく、有名な名前だけを知っていた写真家も、この本で興味を持った人も多い。これから、それぞれの写真集を見ていくのが楽しみだ。


[ARCHIVE]

「ビジネス紳士」「気配」「映画『アーティスト』」「シンプル」
(2014-06-13) (2014-06-04) (2012-10-17) (2012-09-04)
「競歩」「縛られたくない」「アイビールック」「横好き」
(2012-08-08) (2012-07-25) (2012-07-03) (2012-06-13)
「怒るおじさん」「小腹」「習慣」「極薄」
(2012-05-29) (2012-05-16) (2012-04-18) (2012-04-04)
「ジャクソン・ポロック」「深読み!日本写真の超名作100」「フェチ」「今年の暖房」
(2012-03-22) (2012-03-06) (2012-02-21) (2012-02-07)
「スカート」「長い一日」「特権意識」「くつろぎbeaspo」
(2011-11-16) (2011-10-25) (2011-10-12) (2011-09-15)
<<前のページへ1234567次のページへ>>
351件中: 21から 40件

● この「デザイナーズルーム」へのご意見、ご質問のある方は下記のアドレスへE-mailをお送りください。
デザイナー 武捨光晶/musha@mvj.biglobe.ne.jp

株式会社ビアスポ beaspo@mua.biglobe.ne.jp
Copyright(C)2012 beaspo Corp. All rights reserved