[本日の写真]

2009.8.26

“夏の記憶”

「鎌倉の夏」

 海水浴で騒がしい湘南鎌倉は、ほんの裏庭が緑深い結構な山になる。北鎌倉と呼ばれるこの山には古くからの高級住宅地があり、大きな寺が観光地となっている。その中のひとつ“名月院”へ行ってきた。
 車を降りた国道は夏の強烈な日差しに炙られていたが、渓流沿いの参道に入ると森の小道の様相となり汗が引いて気持ちよい。紫陽花寺として有名なこの寺は、その満開の季節は人出でごった返すが、夏休みとはいえウイークデイのこの日、人影はまばらだ。
 山懐の小さな寺は大名の隠居庵で、凝縮された自然の中に静かに身を置きたいとの思いで作られているから、年中様々な木花を楽しめるようになっているが、さすがにこの時期は百日紅が目立つ程度で、葉の緑で埋め尽くされている。日頃の都会生活では味わえない緑のシャワーをしばし楽しむことになった。
 もうひとつ都会で出来ない経験が蝉時雨だ。特に今年の夏は、前半は雨が多くなかなか蝉の声も聞けず、ここで初めて夏を感じさせてもらった。とはいえ、境内を歩くと無数の蝉の死がいが落ちている。夏真っ盛りの蝉時雨の中で彼らの地上での短い一生は次々と終わろうとしている。やっと始まったばかりの短い夏の終わりか。
 東京に戻ると、みいみい蝉、油蝉の声に混じって、普通ならそれらの蝉の声が収まった頃鳴きはじめるつくつく法師が一緒に鳴き始めた。夏なのか秋なのか、蝉も人も狂った季節に、右往左往だ。


[ARCHIVE]

「鎌倉の夏」「ビーツ・スパゲッティ」「匂いの記憶」「イギリス オーガニック農園への旅」
(2009-08-26) (2009-08-20) (2009-08-05) (2009-07-23)
「エクストア・謝恩セール」「ステテコ・パンツ」「人生に乾杯」「開襟シャツ」
(2009-07-15) (2009-07-08) (2009-07-01) (2009-06-25)
「公園」「晴耕雨読」「新型ウイルス」「古屋敷村」
(2009-06-18) (2009-06-10) (2009-06-03) (2009-05-28)
「めがすずの婆」「風流」「追悼」「250グラム」
(2009-05-21) (2009-05-13) (2009-05-07) (2009-04-29)
「見る人」「山菜」「オイリーボーイ」「おくりびと」
(2009-04-22) (2009-04-16) (2009-04-08) (2009-04-01)
<<前のページへ12345678910次のページへ>>
351件中: 81から 100件

● この「デザイナーズルーム」へのご意見、ご質問のある方は下記のアドレスへE-mailをお送りください。
デザイナー 武捨光晶/musha@mvj.biglobe.ne.jp

株式会社ビアスポ beaspo@mua.biglobe.ne.jp
Copyright(C)2012 beaspo Corp. All rights reserved